10万円を借りたいときにはどうしたらいいのか考えました

MENU

10万円を大至急借りるにはどこがいい?

急に10万円という大金が必要になった!?そんな時はどうしたらいいのか?今はいろんなところからお金を借りることができますが、すぐに借りられるとなると数が限られてきますし、よほど上手くやらないと間に合うものも間に合わなくなります。上手く、手軽に、スピーディーにやるには…一体どうしたらいいのでしょうか?

 

すばやく10万円を借りたいのであれば、パソコンのインターネットで申し込みをするほうが確実でしょう。深夜や土日祝日、さらには雨の日でも無理なく申し込む事ができます。時間も天気も関係なく、光の速さで申し込みができるのですから、これ以上に早い申し込み方法はないでしょう。

 

とはいえ、インターネットで10万円を借りるといっても、貸してくれるところはたくさんあります。その中から最短で申し込んだ日に…つまりは即日融資を希望するのであれば、カードローンを選択したほうが便利。10万円と借りることができるカードローンはたくさんありますし、なによりも大手銀行グループが関っているカードローンもあるので、そうしたところを選ぶと安心です。対応もスピーディーですし、実際にお金を引き出すにしてもATMが充実している銀行の方が便利です。


カードローンの申し込み方法

カードローンで10万円を借りる時には、身分証明書などが必要となります。運転免許証や健康保険証、さらにはパスポートなど…本人である事を確認できる書類が必須。また、どこから借りるのか選ぶ際には、何度でも借りられるタイプのところがいいでしょう。今後、もしもの時によりスピーディーに借りることができます。とはいえ借金ですから、気持ちが緩んで簡単に借りないように心にきつく思っておかないとダメです。

 

カードローンの一般的な申し込み方法としては、パソコンで申し込み、審査結果がくるまで待ちます。審査を見事通る事ができたら、晴れて契約といった運びになります。あっけないほど早く簡単で、終わらせる事ができるのです。

 

ちなみに、インターネットで申し込んだら、自動契約機で契約手続きとカードの受け取りをするようにします。窓口が開く時間を待っていたら時間がかかります。それに、顔をみられないですみますから、こちらの方が精神的にも楽なものとなります。


銀行と消費者金融の違い

カードローンには銀行と消費者金融とありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、よく見比べて自分にあった方を選ぶようにしましょう。金利を安く済ませたいのであれば銀行の方が勝っていますが、審査スピードはそこまで早くもなく遅くもないですが通る確立は厳しいものとなります。消費者金融は審査スピードは速く柔軟に対応してくれるところがあるので、特殊な事情を持っている人にも対応してくれることも。ですが、金利は高いものとなります。

 

ちなみに、総量規制については、銀行は対象外となるので年収の3分の1以上の融資も可能となっていますが、消費者金融は適応されるので、原則として年収の3分の1までとなります。

 

銀行と消費者金融のどちらを利用するにしても、借りすぎないように気をつけなくてはいけません。簡単に借りられると気持ちが緩みがちになり、借りているといった意識が薄くなってしまう事も…そうなると、多重債務といった大変な状態になることもあります。くれぐれも気持ちを強く持って、必要のないお金は借りないようにしないといけません。

 

カードローンで10万円を借りる時は、本当にその金額が必要なのか?多すぎないかと自問し、確実に返済できるかどうかのシュミレーションはたてておきましょう。無理なく確実な返済ができないのであれば、借りてはいけません。そして、契約内容をきちんと確認するようにしましょう。


小額融資を希望する際には、金利に注意!

キャッシングというと、なにか大きな買い物をするときに利用するサービス…といったイメージがあります。確かにそれは間違ってはいないのですが、最近では10万円といった小額で利用する人も増えています。1万円といった金額を借りる人もおり…これは、お給料日などの前日にお金が足りなくて借りるといったパターンが多いようです。最近ではパソコンやスマートフォンを使って気軽に借りることが出来るので、そうしたことも影響しているのかもしれません。しかも、テレビコマーシャルなどでも目にする機会が増え、イメージ的にも良い内容となっていますから、借りる事に抵抗感がなくなってきているのかもしれません。

 

ただ、少ない金額で借りたとしても油断してはいけません。キャッシングの金利は各社それぞれ設定していて、安いものもあれば高いものもあり…幅があるのです。その特徴としては、借入金額が大きくなるほど金利は安くなりますが、小額での融資では金利が高めに設定されることがほとんど。ですから、10万といった小額融資を希望する際には、できるだけ金利が安いところを選んだほうがいいでしょう。スピードだけを重視したら、金利が高くなっていた…なんて、返って自分の財布事情を悪くしてしまいかねません。返済額が圧迫されないように、十分に注して選ぶようにしましょう。

 


更新履歴