お金を借りる際に知っておきたい基礎知識項目を集めて見ました

MENU

一度借りたらリスト入り!?システム金融

無登録業者などがおこなっている、法律上認められていない貸付方法としてシステム金融というのがあります。これは、どういった方法で貸し付けていくのかというと、ダイレクトメールやファックスなどで貸付の営業をおこなうといったもの。そのターゲットは、一般の人ではなく資金繰りに困った事業主。会社で保有している手形や小切手などを担保として受け取り、審査もしないでお金を貸します。
ただし、その利息は高金利。返済ができないぐらいに高い金額となっています。もともとお金に困っていたわけですから、一時的にお金を借りることができたとしても、その金利が考えられないくらいに高いのであれば、すぐに返済ができなくなってしまいます。

 

借りたお金も返せない状態になったら、今度は別の業者が営業をしかけてきます。「借金があっても融資可能ですよ」と甘い言葉で勧誘していくのです。資金繰りに困っている事業主としては、藁にもすがる思いでまた借りてしまうのですが、これがまた高い金利で…もうどうしようもない状況にさらに追い込まれてしまうことに…。

 

実は、これらの無登録業者間には顧客情報をお互いに融通しあっているところがあり、一度借りるとリスト入りし、そのリストが別の業者に渡ってまた狙われる…といった仕組みなっているのです。このシステム化された流れからも、システム金融と呼ばれるようになりました。
こうした違法な業者から借りてはいけないとわかっていても、金融機関やちゃんとした貸金業者からお金が借りられないとなると、経営状態の悪化からも借りてしまうのです。

 

ただ、システム金融をおこなう業者は、ほとんどが無登録業者です。こうした業者からお金を借りたとしても、正式な登録業者から借りたわけではないので法律に違反する事になり、逆に借りたほうが被害者となります。当然、返済する必要はなくなるのです。もしも、悪質な取立てをするようであれば相手にする必要はありませんし、行政相談や弁護士、警察に相談するといいでしょう。


どうしても返済できなかったら?

お金を借りたら、いつか必ず返済しなければいけません。でも、何が起こるのかわからないのが世の中です。予想もしなかった事態が起きて、予定していた返済ができなくなった…なんてことも可能性としてはあります。返済する為に別のところからお金を借りて…なんてことを繰り返してしまったら、あっという間に多重債務者です。多重債務に陥り、どうしても返済することができない…なんて場合、最後に残された手段となるのが自己破産です。裁判所に債務の免責を申し出ます。

 

免責とは、責任を逃れる事。債務…つまりは借金を返済する責任を、法律によって免除してもらうのです。この自己破産は、どうすることもできない債務者を一からやり直させる為にできたもの。ですから、破産手続きが受理されれば、債務の返済義務がなくなると同時に、今後は一切借金ができなくなったり、カードを作ることが出来なくなったりと…お金の貸し借りに関しての信用を全て失う事になるのです。


お金を借りる基礎知識記事一覧

 

お金を貸す、借りると...

 
 

キャッシングなどで1...