審査に必要な信用情報と、支払方法が微妙に違うカードについて調べてみました

MENU

ポジティブ情報とネガティブ情報

キャッシングなどで10万円の融資を申し込んだ際、貸しても大丈夫かどうかの審査がおこなわれます。その際に、マイナスになる情報をネガティブ情報といいますが、その逆のプラスになる情報はポジティブ情報と呼ばれています。このポジティブ情報とは、ホワイト情報などと呼ばれることもあります。ネガティブ情報は金融事故などのマイナス的な事をいうことをわかりますが、それではポジティブ情報とはどんなものなのでしょうか?

 

ポジティブ情報とは、これまで滞納もなにもない、良好なクレジット払いをきちんとおこない、その信用情報においてマイナスとなるネタが一つもないことをいいます。延滞や不払い、自己破産などが1回もなければ、どの金融機関でも融資を断ることはほぼありません。もちろん、収入に関する条件がピタリと適応していればの話ですが…。

 

「10万円借りたい!」といっても、それが可能かどうかを判断するのは個人情報だけではありません。個人信用情報機関に登録されている個人信用情報なども参考にして審査の可否を問う事になります。この個人信用情報機関に登録されている情報は、審査においては特に大きな影響を与えるものとなります。ですから、クレジットカードの支払いや公共料金の支払いなど…普段からきっちりと払う事でマイナスの情報にならないように気を付けている人もいるほどなのです。

 

ちなみに、借りたお金…つまりはキャッシングやクレジットカードなど、日々の生活で現金払いではなくカード払いにしてしまう人もいますが、イベント事や旅行といった一時的な利用のほうが、審査としては良いのだとかいわれています。これはどこまで本当かどうかはわかりませんが、会社によって印象が違うものになっているかもしれません。ただ、これまでまったく融資を受けたことがない人よりも、適度に利用してきちんと返済している人の方が審査では好印象となるのは本当のようです。


クレジットカードと似ているけど違う!デビットカード

キャッシングやクレジットカードとは他に、デビットカードと言うものがあります。これはなんなのかと言うと、持っている金融機関のキャッシュカードのこと。必要な手続きをおこなうことで、口座からそのまま購入した代金を引き落としてくれるのです。

 

クレジットカードでは後日、カード会社から請求がきますが、デビットカードではすぐに引き落とされるのがそうした手間がありません。ですが、口座にお金がないと使えない…と言ったデメリットがあります。クレジットカードよりかはマイナーなイメージがありますが、意外と使えるお店も多く、買い物や様々な施設の支払いをスピーディーに済ませる事ができるということで、最近では利用する人も増えているようです。使い方は簡単で、まさにクレジットカードと似たようなもの。専用の端末に、カードを使って暗証番号を入力するだけです。

 

しかも、クレジットカードと比べてお得なところが、年会費などの請求がないということ。口座に入っている分しか使えませんから、使いすぎるといったことも予防できますね。


関連ページ

金利と日本消費者金融協会JCFA
お金を借りることは、金融機関のサービスの一つであり、それにはある程度のコストがかかるものとなります。 便利なサービスではあるものの、お金に関ることからも、日本消費者金融協会といった消費者金融トラブルを予防するための機関も存在しています。
債務不履行と定額リボルビングシステム
支払いができなくなることを債務不履行といいます。 そして、そうなってしまう理由には生活の変化と支払方法が合っていなかったことが挙げられます。 後者として最も聞くのが、定額リボルビングシステ。 いわゆるリボ払いです。