債務不履行と定額リボルビングシステムについて調べてみました

MENU

もしもの事態で債務不履行になったら?

どんな金額であれ、お金を借りたのであれば必ず返済しなければいけません。それは当たり前の事。ですが、明日明後日その先…何が起こるのかは誰にもわかりません。突然、平穏無事に過ごしていた生活がガラリと変わるかもしれないのです。そうなった時に大きな影響を受けるのが、やはりお金でしょう。お金を借りていたとなると、その返済が苦しくなることも…。そうした理由で、払えるモノが払えなくなることもあるのです。ただ、貸した方からしてみれば「そうですか」と簡単に納得できる問題ではありません。返済できないでのあれば、それは債務不履行として処理されることになります。

 

この債務不履行とはどんなことなのかというと、契約内容を守らない事を表す言葉です。お金の貸し借りには金銭貸借消費契約、もしくは借用書を債権者に提出することになります。それに反するという事で、この言葉が使われます。

 

ほとんどの人が返済シュミレーションを自分なりに立てて借りますが、一部の人には無理だとわかっていても借りる人がおり…そうした人は全く返済しなくなり、債務不履行として大変な事態にまで追い込まれることもあるようです。
債務不履行として債権者が債務者に返済するように督促しますが、それでも返済しない場合、「期限の利益」を喪失することになります。この「期限の利益」とは、いわゆる支払いを待ってもらうための権利でもありますから、これが無くなるということは、一括返済をしなければいけなくなるということなのです。

 

債権者である金融機関としては、債務名義の確定を裁判所に申請して債権者の権利行使をおこないます。最もポピュラーな方法としては担保を競売することですが、カードローンなどのキャッシングでは無担保で借りています。ですから、財産を差し押さえる形となります。

 

どうしても返済が苦しくなってしまったのであれば…債権者からの連絡を無視するのではなく、債権者に連絡をとって、事情と今後の返済方法について話し合うようにしましょう。返済する意思があるのであれば、債権者の方としても無下に扱う事はないといえます。


2種類ある!定額リボルビングシステム

返済が苦しくなってしまうのは、なにも生活環境の変化だけではありません。リボ払いといった、自分に合っていない返済方法を選択することで逆に苦しくなってしまう事もあるのです。

 

リボ払いは、定額リボルビングシステムの略です。毎月の支払金額を設定し、その金額を返済に充てるといったもの。限度枠内の借入であれば残高に関係なく毎月の支払い額が一定になり、元金定額リボルビング方式と元利定額リボルビング方式の2種類に分けられます。

 

2つの違いは、元金部分い対しての利息部分をどのように繰り入れるか…ということ。元金定額リボルビング方式では、ミニマムペイメントに利息を加えて支払うことになりますが、元利定額リボルビング方式では、設定した毎月の支払額の中に元金部分と利息部分が含まれているものとなるのです。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますので、よく検討して選ぶようにしましょう。


関連ページ

金利と日本消費者金融協会JCFA
お金を借りることは、金融機関のサービスの一つであり、それにはある程度のコストがかかるものとなります。 便利なサービスではあるものの、お金に関ることからも、日本消費者金融協会といった消費者金融トラブルを予防するための機関も存在しています。
信用情報とカードに違い
審査に必要となるのがポジティブ情報とネガティブ情報です。 それぞれの情報が大きな影響を与えます。 また、便利なカードについても、クレジットカード以外にもデビットカードとあります。